2017年3月28日火曜日

泥んこ3年

2歳からのたねっこ。
2年で卒会してからの、根っこの子。

見事にいつも泥んこだった君。

たねっこ時代は年下に羨望?の眼差しでも、
根っこでは年上から、「汚ねぇな~!」の罵声でも、
女子たちからは、冷ややか~~な視線でも、


まったくひるまず、泥にまっしぐらだった君。
毎日、毎日・・・




洗濯板で、洗えど洗えど泥水・・・なズボン。


あっという間にボロボロになる・・・リュック。


母さんは夜中に泣きながら、罵りながら外水道でゴシゴシした日もあったよ・・・・。



雨の日にカッパを着たまま、川の中で座っているときは驚いたし、
泥がつきすぎて着ぐるみ状態になってたときは、さすがに笑った。


木から垂れるしずくを飲む、の図


誰もがなるべく固くなっている畦道を歩くのに、君一人だけ、
ぐっちゃぐちゃの場所をあえて歩いている姿を見て、言葉を失ったよ・・・



「どろんここぶた」か、石田森か。。


小さな水たまりも、君たちには大いなる遊び場


でもどんなときも、そうして地球と戯れる君。やっぱり母さんは・・・・・好きだ!





つい力強く握ってしまう、のよね・・


顔に落書き、油性ペンとか、ヨウシュヤマゴボウとか・・・



仲間とうまくいかない日もあった。

でも君は君のままでいた。


構わず君であり続けた。


「構わずあなたでありなさい」といつも思っていたけれど、
さすがに凄いな、と思った。



でもそうとしか生きられない君が、君なんだよね。

だからやっぱり母は、それでいいと思う。
そしてやっぱり、そんな君が好き。



3年間、たくさんの経験をしたね。
私もたくさん学んだよ。


「仲間」や「みんなで」って母はじつは一番苦手分野だった。


でも子育ては、たくさんの人の手をかり、目をかり、愛をもらって、
初めてできるんだって気がついたよ。


そして私は最近気がついたけど、君はきっともう知っているね。



不器用だけど、君の中に、仲間達が生きてる。


みんなにもう今までのように会えないと知って落ち込んだ君。


でもきっとこれからも大丈夫。


お世話になった全ての人たちに感謝の気持ちを忘れずに。


また一緒に歩いていこうね。

風と遊んでいたのかな?

泥んこ3年お疲れさま。


そして、ありがとう。


君が泥んこでなくなる日が来るなんて、今はぜんぜん想像できない。

1 件のコメント:

  1. 素敵✨ お洗濯頑張ったんだね✨

    返信削除