2018年6月21日木曜日

ご報告

大変遅ればせながら、(かなり今更感がありますが、、、)
去る3月23日、我が家に新しい命が誕生しました。


おかげさまで安産で、初めて恐れをもたず臨めたお産。

陣痛も、強烈な光のシャワーを浴びているような感覚で、
「しあわせ~~~」と力を抜きながら、その波を次々乗り越えていく
ような感じでした。

朝、満潮ごろにおしるしがあり、旦那さんと私は、妊娠中の
ベビーさんの性格的に、きっと干潮あたりできちんと産まれるだろうと
予想していたらその通りだったのですが、あまりのスピードに
助産師さんが一人間にあわず、、、、、(笑)

石ちゃんが素晴らしいお産婆さん?役をしてくれて、
最後はその首にしがみついて、立ったまま文字通り
産み落としてしまいました(笑)

できたら自分で取り上げてみたかったのですが、さすがにそこまで余裕はなく、、、

でも感動して静かに泣いている旦那さんを側に感じながら、
妊娠中のしんどさが全て吹き飛んでしまうような、
しあわせなお産でした。


妊娠するまでボロボロで、助産師さんにも「よくこの体で病気にならなかったね」
と言われてしまうような体でも、どうにか建て直し、酷かった手湿疹もすっかり
きれいになったり、冷えもまったく感じない状態まで持っていくことができた
おかげです。

お世話になった若草助産院さん、鍼治療で支えてくれた容子ちゃん、
あらためてありがとうございました!

「おかあさん、こんな可愛い赤ちゃん産んでくれてありがとう!」と赤ちゃんを見るなり言ってくれた森


 懐妊がわかるまで・・・

思えば、石田家はいろんなことが行き詰まっている状況でした。


自然農にこだわりすぎて、自給もままならない田畑。


ゆら産後から心身ともに不調がありすぎて、
子供たちと一緒にいてもいつもできれば離れていたいと思ってしまう、
どうしてか毎日笑って過ごせない、
母としての自分を受け入れきれない思い。


そしてお父ちゃんを責める気持ちが押さえられず、ずっと
産後クライシス状態だった夫婦仲。


そして、懐妊がわかった瞬間
「どうして‘こんな私’のところに、来てくれたの・・・・・・」と
思ってしまった、根深い自己肯定感の低さ。。


 それら全てが、今回の新しい命がやってきたおかげで、
強く揺さぶりをかけられ、再考され、新しくまた再出発を余儀なくされました。

それは私たちにとって、ありがたい予定不調和?となり、
命がけで私たちに教えに来てくれた、
それがこの第三子となる男の子です。

石田然(ぜん)です、よろしくお願いします!

いちばん大きく生まれて大きく育ってます!アーウー、ハギューとおしゃべり上手




とにかく懐妊がわかってからの、森の喜びようが凄くってとても驚きました。


「うちは5人家族!」と産まれる前からとにかく嬉しそうに言っていて、
今ここに何人いるでしょう?と聞いてきて、つい4人と答えると
違うよ5人でしょ!と怒ってみたり妊娠している私より強く、
その存在を常に感じている様子でした。


妊娠中「おかあさんと赤ちゃん」と森が描いてくれた


そして産まれてからの溺愛ぶり。
ゆらが産まれた時からは想像もできない森の様子が、なんだか本当に
くすぐったくて、可愛くて笑っちゃって。

もちろん「なにしてくれてんねん!!」って突っ込み満載な時も、
多々ありなんですけど(笑)






ゆらはまだまだ自分が甘えたいので、かなり複雑な気持ちながら、
お姉さんぶってみたり、ぽぽちゃんに「ぜん君」と名前つけて
寝かしつけてたり、
時に大荒れしてみたり、どうにか自分のなかで消化中な感じです。


然がかわいくてたまらないのはもちろんですが
(かわいしゅぎる~~と親ばか連発)、
森もゆらも、不思議なことに前よりもいっそう、かわいく愛おしく
感じるようになりました。


思えば、妊娠中(胎児期)から産まれ方(お産)まで、
三者三様、それぞれ個性的でした。

そして、ずーーーっと森の個性を心から受け容れられない自分がいたのですが、
今ではもう、おもろくて堪らないというか(笑)


然ちゃまが私を、家族をまーるくしてくれました。


とはいえ、赤ちゃんとの生活。

赤ちゃんは「会社の経営状況はおかまいなしに、給料を搾取しまくる
従業員」に例えたフジエばあさんの通りで(笑)


それはそれは老体にはヘヴィーであります。

朝起きると、骨がミシミシいいます。お風呂に入る気力すらない日も
多いです。
手湿疹もまた出てきたし、、、
ついに喘息発作で、ステロイド静脈注射まで行ってしまいました、、、、、(T T)


でも本当に、この「親の都合などかえりみず、うったえる力」これこそが
生きていく力なんだと、つくづく思います。


そしてその泣く姿の、なんと可愛らしいこと。

泣き叫ぶ息の温かいこと。




でもね、確実に自分を大切にできるようになってるんです。

もちろん体はしんどい、けれど、気持ちが今までと全然違う。

「自分をたいせつにしてね」

これも然がおなかのなかから、いつも送ってくれたメッセージでした。


自分を愛する、自分を大切にするって実はイマイチずっとわかりませんでした。


母となり、自分より「子供たちのため」「子供たちにいいように」を
優先するのがあたりまえだと思ってたし、それがいっそう加速していました。


でもその前に、自分を大切にしていないと、全てがチグハグになってしまう。


まずは、自分自身をダメな母親だと責め続けるのを止めました。

少しずつ、今の自分自身の全てを許し、受け容れることが
できるようになったら、旦那さんとの関係も、子供たちとの関係も
とても楽で心地よくなりました。


ずっーと、いわれ続けてきたことだったんですけどね、、、
ガンダーリ先生にも篠先生にも(笑)



然の誕生で、ようやく、腑に落ちることができました。




そして夫婦で再確認したのが、やっぱり私たちは農に限らず、
「生き方としての自然農」を追求したいね、という思いでした。



生まれた直後は、なぜか実父に顔が似ていてちょっとギョっとしてしまいましたが、、、
不思議と愛おしい気持ちは変わらなかった。

そして誕生日となった3月23日は、2年前に義父が亡くなった日の、前日でした。


脈々と、つながる命。



生まれてくれて、ありがとう。


沢山泣いて、沢山笑って、いっぱいいっぱい味わおう!


みなさま、5人家族になった石田家をこれからも宜しくお願いします!

お父ちゃん大好きらしい♪

2018年1月29日月曜日

あらためて自然療法

先々週は「こどもの病気のお手当法」の会開催と、真弓定夫先生の自主映画上映に参加して、
自然療法Weekとなりました。

IRORI HOUSEにて


吉度ちはる先生をお迎えして、自然のもの、簡単に手に入る食材や植物を使った、
「こどもの病気のお手当法」。


参加者のみなさんから「目からウロコでした~!」とたくさんの感想をいただきました。

「陰陽」という概念に初めて触れたお母さんたちも多かったと思いますが、
 「熱や咳、湿疹にも陰陽があるんですよー」とか、食べ物もすべて陰陽のものさしで
見られるなどなど、ものの見方、視点の新しい発見がたくさんあったようです。

でもなにより、自然のお手当てで、お子さんの入院寸前の肺炎が治ってしまったり、
豊富な体験記と、実演で、「本当に効くんだな~~」ということを実感できた方が
多かったのではないかと思います。

参加してくださった皆さん、ちはる先生ありがとうございました!


そんな我が家も、予習のためか?!12月中旬からお正月にかけて、見事に
みんな体調不良になりまして、、、、

父ちゃんの疲れが溜まり過ぎると痛み出す、歯痛。
ついにロキ○ニンすら効かないということで、ショウガ湿布をしたら、痛みが引き・・・・

元旦にはゆらが発熱。(39℃台後半)
一晩中、変なうわごとをいい続けて、後から考えたら危険だったのかもしれない、、、と
冷や汗をかきましたが、キャベツと小松菜の帽子、水分補給だけで一晩で解熱。


3日にはもりが40℃越えの発熱。
本人意識もしっかりしていて「だいじょうぶ」と言うこともあり、
豆腐パスターとりんごのすりおろしジュースで、一晩で解熱。
でも、解熱してすぐ薄着で外遊びをしたため、、、、、けっきょくまた発熱して
完治するのに3日かかりましたが、、、

40℃発熱、豆腐パスター中のもり。なんだか神々しくて思わずパシャリ

自然のお手当ては確かに看病は大変、、、、ですが、
自分の自然治癒力で、経過し、快癒した子供たちの目の輝きが、
なんだか一層深くなる気がしました。

それに・・こんな密に子供と接することも、おっぱい卒業したらなかなかないもんです。
もりの寝顔をこんなに熱心に見つめるのも久しぶりだなぁ~なんて、
やっぱり子供の不調は、母の「気」を集めるためにもあるのかも、なんて
思ったりもします。



「風邪をひいたら、お医者さんにみてもらって、風邪薬を飲む」

って私もずーっとあたりまえだと思っていました。


野口晴哉さんの『風邪の効用』を知るまでは・・・



そう、風邪を治すのも、病気を治すのも、じつは「薬」ではなく、
その人の「自然治癒力」なんですよね。

特に、子供がかかるちょっとした風邪(インフルエンザも風邪です!!)、感染症も
その子の免疫を強めるためにかかっているもの、その子自身に治す力がきちんとある、
私はあらためて、子供たちを通して、そのことを実感しています。


もちろん、自然治癒力も勝てないような病も、時にはあると思います。


もりも昨年、原因不明の高熱と四肢の腫れがあり、緊急入院した経験があります。

けっきょく、ステロイド様のお世話になり、事なきを得て、元気に回復しましたが、
いまだに原因はわかりません。


アフリカの奥地などでは、「クスリは神様」と言われているそうです。

それもそうです、死にかけた家族を救ってくれるもの・・・・・・・それを神といわずなんと言いましょうか。

全てのものには両面があり、まさしく陰陽があります。


お薬はもちろん、素晴らしい面もあり、またそうでない面もあります。
自然療法には素晴らしい面もあり、またそうでない面もあります。

すべてはものの見方次第、だとは思いますが、
現代の私たちは、やっぱりちょっとお薬に頼りすぎている部分が多いのではないか?
私たちの自然治癒力を軽視してしまっているのではないかな?
ということをあらためて、考えたいと思いました。


とくに子供の命の躍動を、神様といえるほど強い力、お薬で抑えるということに
私はどうしても抵抗を覚えてしまいます。



今ではすっかり自然派?!な私ですが、私自身は生まれた時からアトピーちゃん。
喘息、鼻炎のアレルギー・オールアラウンド、フル装備(笑)

もちろんずっとステロイド様のお世話になっていました。


でもね、治らなかったんです。
結局、ステロイドを止めて、グチャグチャになって、食事と生活を変えなければ、
体は変わりませんでした。


だからアレルギーを始め、慢性病といわれるものは、やっぱりお薬は万能ではないと思います。

でも子供の頃に少しでも早く、そのことにお母さんが気づいて、
食事と生活を変えてあげれば、きっと変わっていくと思います。


そして、、、自然療法に縁のない、縁遠かった人たちって、たぶん健康なんだと思います。

お薬で治ってしまったような病しか経験がないんだろうなって。


それはそれで幸せなことだし、それでいいと思います。羨ましいな~(笑)



そして真弓定夫先生の自主映画
『蘇れ、生命の力』
 やっぱり素晴らしかったです~。

薬を出さない、注射もしない小児科医として名高い真弓先生。
「野生動物に見習え」という教えや、すべての基本は「食」であり「生活」だということ。

すべて腑に落ちることばかり。自然育児の極み、ここにあり、という感じですが、
やはり何より素晴らしいのが、真弓先生の生き様、お人柄、そのものだと思いました。


口で立派なことはいくらでも言えるんですよね・・・


でもそれを実行するのは、本当に難しいものです。

「人間の自然の一部なんだ」という、深い深い悟りと謙虚さをお持ちの真弓先生に
あらためて、映画を通して出会えたこと。
ありがたく思うと同時に、まだまだ人として未熟すぎる自分と向き合えた、そんな気がしました。


主催してくださった皆さん、ありがとうございました。


これまた自然療法の大家、東城百合子先生の言葉、

「病は治すものではなく、学ぶもの」

どんな小さな病からも、たくさんの学びあり。


ありがとうございました。






2017年11月20日月曜日

干し柿

毎年恒例になってきました、干し柿づくり。
干し柿。日本が誇る?おいしいドライフルーツ、ですよね。

今年はへのへのわらべと、四街道の「さとのたね」さん合同企画でおこないました。

干した柿は音符のようでかわいい

干し柿づくりで一番気をつけなくてはいけないことは、やはり作っている途中にカビて
しまうこと。


寒い地方でつくられるのが一般的ですが、この辺でつくって成功するには
最高気温ができれば15℃以下になってから、湿度がぐっと下がってきてから、
がいいということで、柿の熟し具合とにらめっこ。

今年はベストタイミングでできました♪



干し柿づくりの工程はいたって簡単。

枝をT字に残してきり、
へたを手でぺりぺり剥いて、
皮を包丁やピーラーできれいに剥いて、

ひもにくくって、
そのまま熱湯に10秒ドボンで殺菌してから、
干して仕上げにホワイトリカーをかけてさらに殺菌。


あとはお天道様と冷たい風に吹かれて、しわしわと小さくなっていって
きれいに乾燥すればできあがり~。

みんなで皮をむきむき

1歳さんも手をそえてもらいむいてみる


ことしは麻紐のかわりに、くくる紐として「棕櫚(しゅろ)の葉っぱ」を使ってみました。

父ちゃんがお手伝いに行っている農家さんから、昔は紐など貴重品だから
棕櫚の葉っぱを裂いて使っていたと聞いて、我が家にもたくさんあるので
使ってみたら、本当に丈夫でおどろきです。

昔の農村に伝わる知恵は素晴らしいですね。


田舎の家にはよく棕櫚の木が植えられていることを知りました。


ハエ叩きを作ったり、皮からは箒を作ったり。
色んな用途があるそうです。

棕櫚の木、多機能性をそなえたまさにパーマカルチャーな木だったんですね。

いつか箒なんかも作ってみたいです。


裂けるかな~

じゃん。3才さんはお手の物~

大人気のシュッシュ当番。順番待ちです


四街道の「さとのたね」さんは、昨年まで我が家もお世話になっていた野外保育グループです。
1歳から預けが始まり、保育者さんと数人の母たちが交代でお当番に入る形で
運営されています。

今回来てくれたのは今年2歳、3歳になる、へのへのわらべと同じ年代の子供たち。


活動後にへのへのわらべのお母さんが

「あれだけたくさんの小さい子供と大人がいて、「止めなさい!」とか「危ない!」とか
 行動を止めるような強い言葉が一度も聞こえなかったのが驚きました。
 見守り、待つってこういうことなんだなぁと思いました」

と感想を言ってくれました。


「見守り」ってとても奥が深いし、一言ではなかなか言えないところがあるけれど、
でもそういう大人たちの雰囲気が、一般的にはいかに無いのかということに
あらためて私も気づかされて、また初心に返る思いがしました。


でもね、声荒げてるお母さんもいたんですよ(笑)

なんか懐かしいな~と、ちょっと前の自分を見ているようで(笑)


母たちも少しずつ少しずつ、一歩引いて見ていられるようになっていくんですよね。

わが子だけじゃ見えない、その一歩引いた感覚は、
他の子供たちを見ることで養われていく。

とくに一人目の子に対しては、俯瞰してみる感覚、なかなか持てないもんです、、、、


そして私の中で「たねっこ」(さとのたねの前の名称)があくまでベースにありつつ、
へのへのわらべの活動を始めてみて、同じように目指したいところ、
目指せないところ、他に大切にしたいところ、
いろんなことが見えてきました。


まだまだよちよち歩きのへのへのわらべですが、少しずつ、みんなで進んでいけたらと
思います。


八街にたくさん刺激をくれた「さとのたね」の皆さん、ありがとうございました。



さて、干し柿!作ってもうすぐ2週間ですが、カビずにしっかり乾燥してきて
これは成功の予感♪

みんなのお宅のはどうかな・・・



美味しい干し柿、できますように。





2017年11月11日土曜日

臼井さんにお会いしに

ブラウンズフィールドへ



自然農、パーカルチャー、自給自足。少しずつ、一歩一歩。進んでいこう。